中古品の納品作業について

中古の納品作業の流れについて説明します。

 

中古の納品作業でのポイントは、

「神経質になり過ぎない事」が重要です。

 

本来の流れ(一番正当な流れ)は

荷物届く→輸送箱を開ける→付属品確認→型番確認→

動作確認→清掃→新しいきれいな段ボールに梱包→

封をする→発送

という感じです。

 

ですが、

近藤式省エネ転売の理論では

ここにいちいち時間をかけていては数が増えてきた場合に

かなり大変なことになってしまうので、

できるだけ省くことを意識します。

 

なので、

動作確認・清掃は一切しません。

しなくてOKです。

 

ほとんどの場合、

メルカリやヤフオクの出品者が軽くきれいにしてくれています。

(たまにひどいやつもいますが)

 

そして、動作確認をしていても

返品がくる時はきてしまうものなのです。

 

なので、

そこは割り切って、そこでできた時間を仕入れに回した方が

効率がいいんですね。

 

僕が約4か月間色々テストしてきた結果、、、

荷物届く→輸送箱を開ける→付属品確認→型番確認→

封をする→発送

という流れだけでOKです。

 

要するに、

箱を開けて商品をチラ見して終わりって感じです。

 

これだけでめちゃくちゃ時短になるので、

納品代行を使っていない場合は真似してください!