何から外注化すべき?

「外注化」と聞くと、

少し難しく感じてしまうかもしれません。

 

しかし、外注化までして初めてビジネスと言えると僕は思っています。

 

だって、

今あなたがやっている作業って、別に自分がやらなくても

回る作業だと思うんですよ。

言ってしまえば誰でもできる単純作業。

 

これを自分一人で

ずーーーっと一生やってますか?

と聞かれると、しんどくないですか?

 

例えばリサーチなんかでも、

この先自分でやるとしたら、それは労働です。

 

この場合、自分の時給UPのためには

自分のリサーチスピードをUPさせるしかありません。

 

せっかく労働するのが嫌で転売を始めたのなら、

外注化して「ビジネス」をしましょうってわけです。

 

だから、ある程度の力がついたら外注化を視野に入れていく。

外注化して時間をさらに作って、

他のビジネスに派生していく。

 

これが一番キレイな流れだと思うんですね。

 

では、一体どんな作業が外注化可能なのか?

 

その答えは、

「全て」です。

 

これはネットで完結できるこの手法だからこそですが、

全て外注化が可能なのです。

 

まずは・・・

外注化の第一歩として、

何から外注するのかを決める必要があります。

 

あなたが現在手をつけている作業を

・全て

・なるべく細かく

洗い出してみましょう。

 

例えば、

・商品台帳の記入

・売り上げの記入

・納品代行への商品登録やAmazonの出品登録

・検品・梱包・発送作業(納品代行も利用可)

・ヤフオクの入札作業

・落札後の取引のやりとり作業

・受け取り連絡

・メルカリの交渉作業

・張り付き作業(これは外注するにはレベル高め)

・商品リストの構築

・外注さんの教育

・外注さんのまとめ

・全ての作業チェック(店長役)

などなど・・・

 

これら全てを外注化することができます。

 

まずはこんな風に洗い出してみて、

自分の頭の中を整理しましょう。

 

何から外注化すべきか

正直、何から外注化してもOKなのですが、

僕がおすすめしているのは

「売上に直結する作業」

「無限に作れる仕事」

から外注化していくことです。

(納品作業を除く。納品作業は一番初めに代行業者に振りましょう。)

 

というのも、資金が少ないうちは

何かにお金をかけるのなら、それがお金になってバックしてこないと

資金が厳しくなってしまうんですね。

 

例えば、

最初に事務処理作業を任せるとしましょう。

 

手は空くかもしれませんが、

売上には直結しませんね。。。

 

手を空けるのも大切ですが、

最初は売上を伸ばすのが優先です。

売上を伸ばしてから、手を空ける作業をやっていきましょう。

 

あと一つのポイントが

「無限に作れる仕事」、

つまり、しっかりと仕事量を確保できることです。

 

外注される側からしたら、

仕事をするならある程度は稼ぎたいという気持ちがあるのは当然です。

 

仮に事務処理のみを任せてしまうと、

数が少ないうちは1日2、3件の商品台帳記入で終わってしまいます。

 

そうすると、

1日に100円くらいしか稼げない。

 

すぐに辞めてしまうパターンが多発します。

 

 

かと言って、

最初から仕入れのリサーチ作業を任せようとすると

難し過ぎて外注さんの心が折れがちです。。。

 

なので、最初に外注化すべきは

「商品型番リスト収集作業」がベストです!

 

・無限に仕事量を提供できる

・売上に直結する

 

この条件にぴったり合っています。

 

商品リストが集まれば、

それを基にコピペするだけでリサーチできますし、

レベルの上がってきた外注さんに渡せば

リサーチを振ることも可能になってきます。

 

※リスト収集の任せかたとしては、

メルオートを使ってリスト取りをさせるのがおすすめです。

 

おすすめの流れは

商品リスト取りを外注化(3,000件〜5,000件以上取ってくる)

商品リスト取りで、ある程度の信頼関係を築く

信頼できる外注さんができたら、リサーチ作業に入ってもらう

まずは集めたリストを基にヤフオクリサーチ(新品のみ)

モノレートを超シンプルにして教えてあげる

(適正価格はいくらなのかだけ見抜けるようにしてもらう)

(あまり教え込みすぎると外注さんには難しすぎる為)

ある程度、新品モノレートを読めるようになってきたら

中古モノレートも教えてみる。

中古もできるようになったらメルカリ仕入れを任せる

上記を軸の仕事として任せ、さらに事務処理作業をオプションでくっつけてあげる

さらにできるようであれば仕事をくっつけてあげる、

もしくは新規で外注さんを雇い、そのチェック作業(店長役)を任せてあげる

 

この流れ、順序が一番いいかと思います。

 

僕はこの流れで外注さんを雇い、

ほとんど辞めずに続けてくれています。

(ネットで募集した外注さんはすぐに辞めがちなのです。。。)

 

まずは「商品リスト収集作業」でコミュニケーションを取りながら、

リサーチ作業を振れるように持っていきましょう。