転売でまず始めに外注すべきポイント

転売でまず始めに外注すべきポイント

ネット完結転売では、ほとんどの仕事を外注化できてしまいます。

逆に、外注化できていない人はすぐに検討しましょう!

 

転売とはいえ、商売をしていればあなたは一人の社長です。

社長がいつまでもプレーヤーとして動いているのはナンセンスです。

 

転売は情報戦なので、

作業ばかりしていては有益な情報を逃してしまいます。

 

利益が出てきたら少しでも自分の手を空けて、

情報収集や新しいジャンルの開拓に力を入れてみましょう!

 

どこから外注化すればいいの!?

それでは実際、どこから外注化するのか、何から手を付ければいいのか解説していきます。

 

まずは自分の作業している仕事を、外注できるかどうかは別として

ひたすら書き上げてみましょう。

 

例えば、

・仕入れ商品記帳

・売上記帳

・検品・梱包・発送

・仕入れサポート

・仕入れ購入

・価格調整

 

ざくっとこんな感じであげられるかと思います。

その中から、外注化できそうな項目をピックアップしていきます。

 

ちなみに、上記の例は全て外注化できますね(^^)

 

で、まず始めに外注化すべきは

検品・梱包・発送です。

 

というのも、

転売において一番めんどくさいポイントがここだからです。

 

ここを自分でやらなくていいとなると、仕入れに対しての意識がかなーーり変わってくるんです。

外注する前は、仕入れの際に

「これを納品しなければいけないのか。。。」

という意識が必ず潜在的にあるものです。

 

そうなると、仕入れのぶっこみ力が弱まってしまい、

せっかく利益の出る商品を見つけても利益を最大化できません。

 

先日、ヒーターをいい条件で70台仕入れたのですが、

その時即答で「買います!」と言いました。

 

それがもし自分で納品していたら、

「70台も家に入るかな・・・」

「納品めんどくさいな・・・」

という意識から、そこまでの仕入れはできていなかったと思います。

 

ちなみに1台6,000円の利益が出ているので、

一撃で48万円の利益です。

おいしいでしょ?笑

 

だから、最初に手を付けるべきは検品・梱包・発送なんです。

 

外注する際の選択肢は2つ。

・納品代行会社に委託する

・ランサーズなどのクラウドワークスを使って外注さんを雇う

 

おすすめは前者です。

外注さんを雇うよりも少し割高になりますが、

教育する時間、辞めてしまうリスクを考えると、すでに体制の整った納品代行会社に委託する方が吉です。

 

「Amazon 納品代行」

でググってみるとたくさん出てきますので、是非参考にしてみてくださいね!

 

おすすめの代行業者を知りたい方はLINE@で相談してください(^^)

LINE@ ID:@vga3286t

【LINEで有料級情報をゲット!】

 

P.S.

「もう少し利益がでたら・・・」

いや、今やりましょう!

僕のコンサル生は開始2か月目ですでに外注化を始めており、

時間的自由を手にしています。

まずはやってみましょう!

★週3の省エネで利益100万!メルマガで無料マニュアルプレゼント中★

週3回の在宅省エネ転売で利益100万円達成したノウハウをお伝えしています。

【無料でメルマガを読んでマニュアル省エネノウハウをゲットする】

↓↓↓

在宅ネット省エネ転売メールマガジン